男性がEDになる様々な原因とは?

男性がEDになる様々な原因とは?

男性をEDにしてしまう原因は複数存在しますが、まずストレスが挙げられます。

 

ストレスを感じると血流が悪くなったり気持ちが性行為に対しても入らなくなってしまいますので不能状態に陥ってしまうことがあるのです。

 

そしてストレスによるEDは若者の間でも増えています。仕事やお金のこと、恋愛の悩みなど、ストレスを感じることは沢山ありますが、そうした影響によって若くして不能になることがあるのです。

 

なおストレスには種類があり、上記のような原因は現実心因に分類されます。そしてもうひとつの種類に深層心因というものもあります。

 

こちらは心の奥底にある問題で、幼少期のトラウマや憎しみ、愛憎、怒りなどが原因です。深いところにある問題ですと当人でも気付いていないことがありますから、EDの原因に辿り着きにくいケースもあるのです。

 

加齢もEDのひとつの原因です。歳を取ると動脈硬化が進むなどして血管の質も悪くなってしまいます。血液の循環が悪くなるとペニスも影響を受けますので性行為でも不便を感じやすくなります。

 

生活習慣が良くない場合もEDの症状が現れます。脂質や糖質などを過剰に摂取する食生活になっていたり、喫煙習慣がある、運動を殆どすることがないなど、これらもペニスの働きに影響しますので要注意です。

 

手術や外傷によって神経や血管がダメージを負っている場合も不能を引き起こします。

 

例えば前立腺がんや膀胱がんなどの手術の際には再発を防止するためにできるだけ切除をしなければいけないことがあり、その影響でペニスの働きも悪くさせてしまいます。

 

外傷については脊髄の損傷や骨盤骨折などによる影響が考えられ、大きな事故に見舞われるなどしたことが原因でEDになることがあるのです。

 

その他にも考えられることとしては何らかの薬剤を飲んでいる場合です。末梢神経や循環器系などに影響する薬を飲んでいるとED気味になることがあります。

 

一時的な服用なら元に戻りますが、持病などで日常的に服用をしているとED状態も維持されます。

 

ゼファルリンTOPへ